心の温かいスタッフがいるエムスタイルに相談しよう

男の人

ローン返済中の住宅売却

相談

売るための流れ

住宅ローンを返済中の住宅には、抵当権が設定されているため無条件で売ることはできません。このような物件を売るためには任意売却という手続きをとる必要があります。任意売却といっても事情によってやや異なってきますが、おおむね売るための流れとしては、まずは任意売却を扱っている業者に相談して売却が可能であるかを確かめることです。任意売却でも不要になったため売却するのと住宅ローンの返済が困難になったため行うものがありますが、前者の場合には時間的な余裕があるのでより良い条件での売却案が相談によって提案されることもあります。後者の場合には可能な限りはやく売却する方がメリットがありますから、迅速に対応してもらえるところを選ぶことがポイントです。相談の上、任意売却という選択肢を取ると、業者は物件を査定して、どの程度の価格で売却できるかを調べます。その査定額をもとに借入先と交渉して同意を求めます。同意を得られれば、売却活動を開始しますが、同意を得られない場合や思ったほどの売却額にならない場合などには弁護士との相談を案内してくれるところもあります。売却活動を行って買い手が見つかれば、最終的な価格調整を行って売買契約を結びます。事前に借入先の同意を得ているので、その事実を通知して決済時に抵当権を抹消してもらうという流れです。一方で任意売却で住宅ローンを相殺できればそのまま家を引き渡して任意売却は終了ですが、相殺できない場合には、残債が発生します。この残債は別のローンの形で返済することになります。